« SEASONSCOLOURS-秋冬選曲集- | トップページ

TRANSIT2009

TRANSIT2009 行ってきました。
4年ぶりのホールツアーとのことで、私も、小さめのホールで歌うYumingは久々!

このブログに記事を書くのも久々!やっぱ、Yumingの記事はこっちでしょ!ってことで、久々に...

かなり早い時間に会場についてしまったのですが、あーあの人達もYumingのコンサートかなぁ~って人をいっぱい見かけました。年齢層高いです。50代ぐらいの男性も結構いました。まあ、Yumingと一緒に青春時代をすごされた方はそれぐらいですよね。

大きな会場でないので、いつもの派手さはなかったですが、落ち着いた感じで、しかも、いつものコンサートのようなびっくりする仕掛けもあって楽しみました。

席もファンクラブの先行予約で取得したので、前から8番目、ちょっと端ではありましたが、ものすごく近くて嬉しい。ただ、前の人が、長身で、Yumingがセンターに来ると、全く見えないのが困りました。男性二人で来てらしたのですが、後ろから見ると若く見えるのですが、もう、めちゃノリノリで、たぶん若者じゃないですね。14番目の月とか、埠頭を渡る風でおおはしゃぎでしたから(笑) 一見、ボクサーとかスポーツ系に見えたので、なんか男二人で来てるし、すごく不思議でした。

しかし、残念ながら、Yumingの喉の調子が悪いらしく、低音から高音に変わる音域の声がかなり苦しそうで、つらくなりました。まだまだ、コンサートツアーが始まったばかりなので、なんとか回復して欲しいなぁ~と思います。

以下に、自分の記憶のためにネタバレの曲目書きます。見たくない人は、スクロールしないでくださいね。









航海日誌 - COBALT HOUR
ベルベット・イースター - ひこうき雲
ピカデリー・サーカス - そしてもう一度夢見るだろう
時のないホテル - 時のないホテル
Bueno Adios - 
そしてもう一度夢見るだろう
まずはどこへ行こう - 
そしてもう一度夢見るだろう
黄色いロールスロイス - 
そしてもう一度夢見るだろう
幸せになるために -acacia
やさしさに包まれたなら - MISSLIM
ハートの落書き - 
そしてもう一度夢見るだろう
夜空でつながってる - 
そしてもう一度夢見るだろう
自由への翼 - U-miz
青いエアメイル - OLIVE
ジャコビニ彗星の日 - 悲しいほどお天気
Flying messenger - 
そしてもう一度夢見るだろう
守ってあげたい - 昨晩お会いしましょう
Forgiveness - A GiRL iN SUMMER
14番目の月 - THE 14th MOON
水の影 - 時のないホテル
ダンデライオン 遅咲きのタンポポ - VOYAGER
埠頭を渡る風 - 流線形'80
二人のパイレーツ - 
U-miz


選曲がせつなくて、とても良かったです。
もっと、旅旅してる選曲になるかなぁ~って思ってたんですが、それよりも、最終帰着地点が、自分の大切な人ってことに意識が集中してたように感じました。
夫と二人で聴いていたので、何度か涙がこぼれそうになりました。特に、「
夜空でつながってる」は涙なしには聞けません。私なら、夫がいなくなったら生きていけないなぁ~って思い、もし、そんなことになったらどうしようって不安になって哀しくなります。


そうそう、アルバム 「
そしてもう一度夢見るだろう」は、かなりいけてるアルバムだと思います。定番ソングがいくつか生まれるといいなぁ~って思います。

そしてもう一度夢見るだろう Music そしてもう一度夢見るだろう

アーティスト:松任谷由実
販売元:ユーメックス
発売日:2009/04/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« SEASONSCOLOURS-秋冬選曲集- | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424980/29405794

この記事へのトラックバック一覧です: TRANSIT2009:

« SEASONSCOLOURS-秋冬選曲集- | トップページ